更新履歴
色が多いカプセル

ED治療の方法としては主にカウンセリングと投薬治療、そして外科手術の三種類があります。
まずカウンセリングは特にストレスやトラウマなどから生じる心因性EDの治療に用いられる方法で、なぜ勃起が出来なくなっているのか、その原因はどこにあるのかということを主治医との会話の中で探ってコミュニケーションを通じて治療していくものになります。
この際には症状に応じて抗不安剤や抗うつ剤といった薬が用いられることも多いため、カウンセリングと投薬治療が並行して行われることは珍しくありません。
次に投薬治療ですが、これは特にED治療薬と呼ばれるような勃起補助の効果のある薬を服用して治療をするものです。
有名どころではバイアグラ・レビトラ・シアリスなどがあります。
バイアグラのジェネリック医薬品なども出ているため、安価にED治療を行うこともできます。
その中でもカマグラは安くて人気のあるED治療薬となっています。
そしてこうした薬を飲むことで一時的に勃起しやすい体を作って対症療法とするわけです。
投薬治療と言っても常に薬を飲み続けるわけではなく主に性行為の前に服用することになりますから、生活における制限も大きくなく気軽に取り組める治療法であると言えるでしょう。
そして最後の外科手術ですが、実際のところ現在のED治療で外科手術が選択されることはかなり珍しいケースです。
外科手術で対応しなくてはならないケースとしては陰茎周辺の血管で狭窄が発生していて血液が流れなくなっているケースや、静脈から流れ出る血量が多いために勃起に必要な血液を確保出来ないケースなどが該当します。
こうしたケースでは問題の原因となっている血管を外科手術によって治療しなくてはならないため、手術による治療が医師から提案されることになるでしょう。
またこの他にも陰茎にシリコン製の支柱を埋め込む陰茎プロステーシスもありますが、この方法がED治療に用いられるというのは本当に症状が重く他の治療法が検討出来ないような場合のみですから、基本的にはカウンセリングと投薬、症状によっては外科手術が提案されると覚えておきましょう。

記事一覧

男性の方でストレスや加齢などが原因でペニスが元気に勃起することが少なくなったと落ち込んでいる方は少な...

手で顔を隠す男性

最近の医療に関しては非常に進化してきており、より多くの医師が患者とのコミュニケーションを大切にするよ...

手で顔を覆う男性

EDは男性機能の低下によって引き起こされる症状で、勃起不全や射精に関する障害などとして現れてきます。...

白い薬

ED治療には、注射を使う方法もあります。 普通はED治療薬という血管拡張作用のある薬を使いますが、併...

色が多い薬

勃起する回数が減った、性欲が減退しているという方はEDを発症している可能性があります。 特に中高年の...